リンク

  • 広島ブログ

カテゴリー

ツイッター

無料ブログはココログ

ツイ生

« 弱者の味方を謳っていたリベラル議員や労組が、まっとうな企業から恐喝した金を活動資金とする構図関西生コンの収支報告書が「辻元清美の嘘」を木っ端微塵に粉砕 献金の事実が証明される, | トップページ | 大災害の危機に対して空港職員が必死に最善を尽くす中、勝手に関空に乗り込んで来て、不平をぶちまけるクレーマーと化した報ステのレポーター »

【北海道全域停電ブラックアウト】 「電気は足りている」・・・嘘をついた老人たち

《北海道地震》道内全域停電をもたらした、ブラックアウトとは?

全域停電の正体
異例の全域停電が起きた背景には、「ブラックアウト(全系崩壊)」があるとみられる。
朝日新聞デジタルによると、震源地に近くにあり、同全体の半分の電力を供給していた苫東厚真(とまとうあつま)火力発電所(北海道厚真町)が強い揺れで停止した。
ほかの火力発電所が需要量をまかなおうとしたが追いつかず、逆に設備への負荷やトラブルを避けようと安全機能が作動して供給を次々と遮断した。
道内各地で連鎖的に電気の供給停止が広がり、離島を除く北海道全域の停電につながった。こうした連鎖的な電気の供給遮断はブラックアウトと呼ばれる。

http://www.huffingtonpost.jp/2018/09/06/electric-power-cut-in-hokkaido_a_23518793/


http://www.hepco.co.jp/energy/atomic/customers/electrical_enough.html

2012年5月以降、泊発電所は停止状態が続いています。2010年度には、北海道で使われる電気の約4割を泊発電所が担っていましたが、2016年度は7割以上を火力に依存している状況です。

« 弱者の味方を謳っていたリベラル議員や労組が、まっとうな企業から恐喝した金を活動資金とする構図関西生コンの収支報告書が「辻元清美の嘘」を木っ端微塵に粉砕 献金の事実が証明される, | トップページ | 大災害の危機に対して空港職員が必死に最善を尽くす中、勝手に関空に乗り込んで来て、不平をぶちまけるクレーマーと化した報ステのレポーター »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 弱者の味方を謳っていたリベラル議員や労組が、まっとうな企業から恐喝した金を活動資金とする構図関西生コンの収支報告書が「辻元清美の嘘」を木っ端微塵に粉砕 献金の事実が証明される, | トップページ | 大災害の危機に対して空港職員が必死に最善を尽くす中、勝手に関空に乗り込んで来て、不平をぶちまけるクレーマーと化した報ステのレポーター »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

広島ブログ

最近のトラックバック