リンク

  • 広島ブログ

カテゴリー

ツイッター

無料ブログはココログ

ツイ生

« 【徳島バス事故】死亡の女子高生、製菓専門学校のオープンキャンパスの帰り (産経ニュース) | トップページ | 平気でうそをつく »

民進党、第二の詐欺師投入か?代表取締役CEO兼CTO 黒川敦彦さん疑惑

民進玉木の顔w 

玉木雄一郎@tamakiyuichiro
加計学園のワインセラーの話、当初からその信憑性について疑問を感じてきたが、やはりガセネタの可能性も否定できない。最新の設計図を入手して、慎重に追求した方が良いと、昨日、桜井座長や山井国対委員長には伝えた。場合によっては、巧妙な罠かもしれない。
https://twitter.com/tamakiyuichiro/status/901396700123742209
玉木雄一郎 ワインセラー ガセ


関連
◆アホの玉木雄一郎「獣医学部新設に何十億も使うなら、中学校にクーラーを付けて欲しいとの声」 と論点をずらす 獣医師会から貰った金で着けろよw
http://pirori2ch.com/archives/1936523.html

◆マスコミ「加計学園にワインセラー!」→ ワイン部屋を想像してたら小型冷蔵庫じゃねーかw
http://pirori2ch.com/archives/1936493.html

◆民進党「加計学園の設計図にワインセラーがある!!!」 →とっくに設計から外されてると判明
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1503591922/

◆加計学園によると、ワインセラーやビールディスペンサーは設計業者が当初提案した「計画図面」に記されていたという。その後、「関係各所からのご指摘、意見を頂戴(ちょうだい)し学内で精査した結果」として、ワインセラーなどは今の計画には入っていないという。
http://www.asahi.com/articles/ASK8S5W4LK8SUTIL029.html

◆なお「建設費水増し疑惑」もガセだった模様
https://mainichi.jp/articles/20170825/k00/00m/040/066000c

◆指摘に加計学園反論“80億円は1期のみ”
http://www.news24.jp/articles/2017/08/24/07370616.html

◆「設計図」騒動の張本人
黒川敦彦@加計の図面戦争なう@democracymonst
努力しても報われない社会だなって正直思います。加計や安倍総理みたいな人たちが税金でワイン買いまくってパーティしてる世の中なんてやっぱり変えないといけない。世直ししましょう。できます。ネットで一緒に、あることないこと騒ぎましょう。必ず総理のクビまで届きます。1ヶ月がんばりましょう!
https://twitter.com/democracymonst/status/899437471112380418

◆加計問題を追及している自称今治市民・黒川敦彦氏に疑惑浮上wwwwwwwwwwwwwwwwwwww
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1503563315/

« 【徳島バス事故】死亡の女子高生、製菓専門学校のオープンキャンパスの帰り (産経ニュース) | トップページ | 平気でうそをつく »

コメント

芸能人の腕時計.com さらに同件に関してよく引用されるデータが第二次世界大戦前までの民族的な構成であるが、ドイツ語を日常的に話し現地のドイツ文化に適応している現地のポーランド人やチェコ人である「シレジア人」、「ポメラニア人」、「マズーリ人」と呼ばれる人々がどの程度統計上の「ドイツ人」に含まれているのか明確にされていない。
1939年9月1日、グダニスク近郊のヴェステルプラッテのポーランド軍陣地への砲撃を手始めにドイツ軍とスロヴァキア軍が、9月17日にはソ連軍が東部国境を越えてポーランド侵攻を開始してポーランド軍を撃破し、ポーランド領土はナチスドイツ、スロヴァキア、ソビエト連邦、そしてソビエト占領域内からヴィリニュス地域を譲られたリトアニアの4か国で分割占領された。
1569年、国王ジグムント2世アウグストの幅広い尽力により、ポーランドはリトアニアを併合(ルブリン合同)してポーランド王を統一君主とする物的同君連合で制限つきながらも議会制民主主義を採る「ポーランド=リトアニア共和国」(第1共和国)となり、欧州の広大な国の1つとして君臨した。
1573年、全てのシュラフタが一人一票を持つというかなり民主的な原則で行われることになったポーランドの国王自由選挙で選ばれた最初のポーランド国王はフランス王アンリ2世とイタリア人の王妃カトリーヌ・ド・メディシスの息子であるフランス人ヘンリク・ヴァレジ(アンリ、後のフランス王アンリ3世)であった。
ヴァルミア司教の叙任を巡って、これをポーランドのグニェズノの大司教が裁可するが、ドイツ騎士団は独自の候補を擁立して意義を申し立て騎士団側の候補者をヴァルミア司教にとし、今後グニェズノ大司教が主権を握る事で和解した。
ジグムント2世アウグストの死後ポーランド=リトアニア連合王国は全てのシュラフタ(ポーランド貴族)が参加する選挙(国王自由選挙)によって国王を決定する「選挙王政」を採る貴族共和国になった。
1683年にオスマン帝国による第二次ウィーン包囲を撃退し、全ヨーロッパの英雄となったヤン3世ソビエスキ王は以後、行き過ぎた地方分権による無政府状態化の阻止を目指し、中央政府の権力を強めるため世襲王政の実現と、王およびセイム(国会)のそれぞれの権限の明確化による立憲君主制の確立を画策するなど王国再興を目指して奔走したが、志半ばで没した。
1399年にヤドヴィガ女王が没するとヤギェウォがポーランド王に即位し、以後ポーランド、リトアニア、ボヘミア王国およびハンガリー王国の王朝であるヤギェウォ朝がポーランドを統治することになった。
彼は父親がクラクフ公国出身のポーランド人で銅の取引業を営み、母親はドイツ人。
母の実家のあるトルンで生まれ、父母を早く亡くした後は母方の叔父でヴァルミア司教のルーカス・ヴァッツェンローデ(前の段落参照)に育てられた。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【徳島バス事故】死亡の女子高生、製菓専門学校のオープンキャンパスの帰り (産経ニュース) | トップページ | 平気でうそをつく »