リンク

  • 広島ブログ

カテゴリー

ツイッター

無料ブログはココログ

ツイ生

« 2017年5月20日 (土) | トップページ | 2017年5月22日 (月) »

2017年5月21日 (日)

また朝日、捏造

異なる文脈でコメント引用 朝日新聞陳謝 新作歌舞伎の記事で関係者「絶望感味わった」
 朝日新聞は5月15日付朝刊で「新作歌舞伎 さらに進化」と題した記事を掲載した。この中で「歌舞伎大向弥生会」幹事の 堀越一寿さんが、新作歌舞伎に疑問の声をもつ人としてコメントが引用されていたが、

将来への期待を込めた意図と異なる文脈で配置されたとして抗議。

同社が堀越さん本人におわびしていたことがわかった。同社は訂正は見送り、「今後の紙面づくりに生かしていく」としている。

記事は、新作歌舞伎に現代劇の作家や映画監督など異ジャンルの書き手が進出し、流行を取り入れて多様化していること
紹介したうえで、2人の識者のコメントを掲載。「歌舞伎うたう理由が必要」との見出しの下、「新作歌舞伎に疑問の声も」という書き出しに続けて、堀越さんのコメントが引用されていた。

■「歌舞伎うたう理由が必要」
新作歌舞伎に疑問の声も。公演で屋号の掛け声をかける「歌舞伎大向弥生会」の堀越一寿幹事(47)は「演出が行き過ぎて
現代劇と変わらなくなったり、イベント的になったりする恐れもある。鍛錬した歌舞伎俳優の魅力を生かした作品であってほしい」と話す。

出典:朝日新聞2017年5月15日付朝刊「新作歌舞伎、さらに進化 映画監督らが挑戦 マンガ・絵本が原作」
この記事を一般読者が読んだ場合、堀越さんはこれまで行われてきた新作歌舞伎に疑問を抱いている人物であるとの印象
を与えた可能性が高い。

堀越さんは記者の電話取材で、「これまでの新作では大丈夫だったと思うが、万が一あまりに演出主導になったり、
イベント的になってしまうと歌舞伎でやる意味が薄れてしまうと思う。歌舞伎役者の身体性は大きな魅力なので、ぜひ鍛錬を積んできた歌舞伎役者の魅力を活かす作品を作っていってほしい」とコメント。

記事掲載直後、堀越さんは担当記者にメールで遺憾の意を伝えたが返事がなく、読者センターに抗議の連絡を入れた。
すると、同社の文化くらし報道部デスクより連絡があり、おわびの言葉があったという。

https://news.yahoo.co.jp/byline/yanaihitofumi/20170520-00071159/



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1495287559
記事を訂正しないのに本人にお詫びして何の意味が?

« 2017年5月20日 (土) | トップページ | 2017年5月22日 (月) »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

広島ブログ

最近のトラックバック