リンク

  • 広島ブログ

カテゴリー

ツイッター

無料ブログはココログ

ツイ生

« 2014年7月 9日 (水) | トップページ | 2014年7月11日 (金) »

2014年7月10日 (木)

広島イラストケーキ ティンカーベル ひなちゃん 誕生日ケーキ

Photo

まだ娘が小さかったため、建物がうす暗く 「怖い怖い」と中に入れなかった・・・(´Д⊂グスン
東京ディズニーランドのアトラクション「ピーターパン空の旅」
ティンカー・ベル(Tinker Bell)は、イギリススコットランドの作家ジェームス・マシュー・バリーの戯曲『ケンシントン公園のピーター・パン』、小説『ピーター・パンとウェンディ』などに登場する妖精である(英語では「フェアリー」ではなく「ピクシー」)。彼女の妖精の粉を浴び、信じる心を持てば空を飛ぶ事が出来る。愛称はティンク
  • 人間の赤ちゃんが最初に笑ったとき、妖精は生まれ、「妖精なんていない!」と言われる度に、妖精が一人ずつ消えていく。ティンカー・ベルも、その妖精の一人である。
  • ネバーランドに住む妖精で彼女の妖精の粉を浴び、信じる心を持てば空を飛べる。Tinkerとは鋳掛(いか)け屋のことである。
  • ティンカー・ベルは、壊れたおなべフライパンなどを直す、金(かな)もの修理の妖精である。腕のいいティンクは、物を修理することがなによりのよろこびであった。
イライラしたり、何かに集中したりすると、前髪をひっぱるくせがある。
性格は気が強く、かなりの焼きもちやきでウェンディ・モイラー・アンジェラ・ダーリングに意地悪をする。しかし、正義感も友だちを思う気持ちも人一倍強い。その証拠に、友人のピーター・パンがフック船長の罠によって毒を飲みそうになったときに、ピーター・パンを助けるために彼女が代わりに毒を飲み干すシーンがある。
  • ちなみにロンドンからネバーランドまで、2時間45分で飛ぶことができる。

« 2014年7月 9日 (水) | トップページ | 2014年7月11日 (金) »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

広島ブログ

最近のトラックバック