リンク

  • 広島ブログ

カテゴリー

ツイッター

無料ブログはココログ

ツイ生

« 広島似顔絵ケーキ  たいちくん・ ママ ・ドイツへ | トップページ | 広島イラストケーキ  アリエル ゆうきちゃん誕生日ケーキ »

慰安所職員の日記発見

0130812at36_t_2

 【ソウル時事】第2次世界大戦中、ビルマ(現ミャンマー)とシンガポールの慰安所で事務の仕事をしていた朝鮮人男性の日記が韓国で発見された。
慰安所職員の日記が見つかったのは初めて。慰安婦の生活実態を知る貴重な資料だが、日韓両国内にある「極論」を否定する内容も含まれている。
 男性は1905年生まれで79年に死去した。韓国の博物館が数年分を欠いた22~57年の日記を古書店から入手。安秉直ソウル大名誉教授らが、慰安所時代の43、44年分について、堀和生京都大教授、木村幹神戸大教授と共同研究した。近く韓国で出版される。
 日記は「夫婦生活(結婚)することになって慰安所を出た春代と弘子は、兵たんの命令で再び慰安婦として金泉館に戻るようになったという」「兵たん司令部に行って5日間の日報を提出した」などと記述。日本政府も認めている慰安所への軍の関与を裏付けている。
 また、「文楽慰安所は私と一緒に来た朝鮮忠州の人・新井清次氏が経営している」と、慰安所を朝鮮人が経営していたことや、「慰安婦の金○先が送る600円を本人の貯金から下ろし、中央郵便局で送付した」と慰安婦に収入があったことも記述。
「鉄道部隊で映画の上映があって慰安婦たちが見てきた」などと、慰安婦の生活にも触れている。
 木村教授は「非常に信用性が高い。慰安婦は民間の売春婦だった、逆に完全な奴隷状態だったという日韓の両極端な主張を、いずれも否定する内容だ」と評価した。(2013/08/12-15:36)

« 広島似顔絵ケーキ  たいちくん・ ママ ・ドイツへ | トップページ | 広島イラストケーキ  アリエル ゆうきちゃん誕生日ケーキ »

コメント

な・・・なるほど~
これは歴史を再認識させる実に貴重な資料ですね~

ふりーばるーんさん、字幕【テキサス親父】慰安婦は売春婦!証拠はコレだ!
http://www.youtube.com/watch?v=ggQaYD37Jm4
も、よかったら。
実際、軍は慰安所を設けて募集してました。
 運営は現地の朝鮮人に委託
ちゃんとしている朝鮮人もおられたでしょうが、
なかには、だます奴もおったでしょう・・・
その流れは

「売春大国」の汚名を返上すべく、韓国では売春の摘発が強化されたが、なくなるどころか地下に潜り、さらには“輸出”までされて、ますます世界から白い目で見られている。
 規制強化を受けて商売のしにくくなった韓国を出て、海外で売春するケースも増えている。
 米国では、最近5年間にニューヨークなど東部地域だけで200人以上の韓国人が売春容疑で摘発された。2011年には看護師資格で入国した韓国人女性が「ポドバン」(売春を斡旋する出張マッサージ店)を営業して、FBIに逮捕された。
 ロサンゼルスでは、「毎月逮捕される70~80人の売春婦の9割が韓国人」との警察関係者の証言を韓国中央日報(2006年6月21日)が報道している。
 オーストラリアでも2011年、ワーキングホリデー・ビザで滞在していた韓国人3万5000人のうち、1000人超の女性が売春しているとオーストラリア政府が韓国に抗議して大問題になった。

 このような売春の“輸出”は韓国側も問題視しており、今年7月22日、朝鮮日報は「米国とオーストラリアの両政府によると、米国で売春目的で働く外国人女性の4人に1人(23.5%)、オーストラリアでは5人に1人(17%)が韓国人」と報じている。
 日本でも今年9月、東京・鶯谷で派遣型の売春クラブを経営していた韓国人グループが売春防止法違反で逮捕された。容疑者は韓国人女性に就労ビザなしで入国させ、売春させていた。「韓国人が日本に来て短期滞在で稼ぐには売春しかない」と供述したという。
 2010年10月、韓国のパク・ソンヨン議員は海外で売春する韓国人が10万人に達すると公言し、そのうちの5万人が日本で売春していると指摘した。
※SAPIO2012年12月号

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 慰安所職員の日記発見:

« 広島似顔絵ケーキ  たいちくん・ ママ ・ドイツへ | トップページ | 広島イラストケーキ  アリエル ゆうきちゃん誕生日ケーキ »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

広島ブログ

最近のトラックバック