リンク

  • 広島ブログ

カテゴリー

ツイッター

無料ブログはココログ

ツイ生

« お父さん誕生日ケーキ スティック | トップページ | 広島イラストケーキ  ハリケーンドラゴン れん君誕生日ケーキ »

とうとう,UFOのせいにするのか??

アシアナ社長「ワシは関係ない、全責任は機長に」
http://news.livedoor.com/article/detail/7840494/ 
 ↓
アシアナ機長「いやいや、飛行機が全て悪い」
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/130710/mcb1307101148029-n1.htm 
 ↓
韓国アナ「まっ、とりあえず、死んだのが中国人でよかった()笑」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130708-00000004-jct-soci 
 ↓
アシアナCA「私だけはがんばった。脱出シートが機内で膨らんだのはボーイングが悪い」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130709-00000018-scn-kr 
 ↓
韓国人「違うでしょ、サンフランシスコ空港の対応が悪い」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130710-00000021-scn-kr 
 ↓
韓国人「ちょっと待て、日本でも同じような事故が。ひょっとして日本が悪いんじゃないの?」 
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/07/09/2013070901017.html?ent_rank_news 
 ↓
フシアナ機長「オートパイロット切ったら勝手にオートスロットルも切れたから悪くない、そもそも記憶に無いから」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130711-00001024-chosun-kr 
 ↓
フシアナ訓練機長「どこかから閃光…しばらく前が見えなかった」← 今ココ
http://japanese.joins.com/article/731/173731.html
韓国のアシアナ航空機が着陸に失敗して2人が死亡した事故で、操縦していたパイロットが、着陸直前に光で一瞬、目が見えなくなったと証言していることが分かりました。

NTSB・ハースマン委員長:「パイロットが見た光源が何だったのか、特定しないといけない」 事故機を操縦していた副機長は、NTSB=アメリカ国家運輸安全委員会の事情聴取に対して「着陸直前の高度約150メートルのところで、光で目が一瞬くらんだ」と話しています。NTSBは、
これが何の光だったのかを調査しています。

« お父さん誕生日ケーキ スティック | トップページ | 広島イラストケーキ  ハリケーンドラゴン れん君誕生日ケーキ »

コメント

Σ( ゜Д゜)ハッ!  太陽拳だ。クリリンが犯人

中央日報は10日、同機の操縦室の補助席に座っていた交代要員の副機長が、高度約300メートルまで下がった時点でも機体が急角度で降下して いたため機長らに数回警告したが、機長らから返事がなかったと説明していると報じた。

 同紙は、警告は着陸失敗の54秒前ごろだったとしている。
 
事故原因の調査に当たる米運輸安全委員会(NTSB)によると、機長らは着陸失敗の7秒前に速度を上げようとしたとされるが、より早い段階で異常を認識していた可能性もある。
 
 交代要員の副機長は操縦席の後ろに座っていたといい、同紙はパイロット間の意思疎通が円滑でなかった可能性を指摘した。

エンジントラブルなどが確認されていないこともあり、原因としては早くからパイロットの「操縦ミス」説が指摘されてきた。
特に操縦していた副機長は、事故を起こしたボーイング777機での飛行経験が43時間と少なく、「教官」をつけての習熟期間中だった。
その教官も、飛行はベテランだったが指導はこれが初めて。速度維持装置が誤って切られていた可能性も指摘されている。
米NTSBがこうしたパイロット側に不利な事実を次々と公表していることもあり、米国では「操縦ミス」説がすっかり主流だ。
対して、韓国側はいらだちを隠さない。アシアナ航空のユン・ヨンドゥ社長は「運航の全責任は教官役の機長にある」と原則論を述べつつも、「2人のパイロットは経験豊富で優秀」などと繰り返し発言するなど「操縦ミス」説には真っ向から反論、また国土交通省の担当者も9日の会見で、「NTSBの発表だけではパイロットの過失とは判断できない」と慎重論を唱える。
操縦ミスなら韓国側の責任逃れられず
操縦ミス、となれば、責任はアシアナ航空側にふりかかってくる。ひいては韓国の「国威」にもつながる問題だ。そのせいか、韓国メディアではなんとかパイロット以外の「犯人」を探そうとしている。
B777の欠陥、あるいは空港の設備が故障中だった――もっとも現時点では、これらの主張は旗色がいいとは言えない。
しきりに機体不良説などを唱えていた朝鮮日報も11日に入り、不利な物証の増加に「操縦士が速度維持装置を切った可能性も」「調査の重点は『操縦士の過失』の方向に」とさじを投げるような記事を公開している。
韓国の総合メディア「イーデイリー」などは半ば八つ当たり気味に「NTSBからは事故原因をパイロットの過失といわんばかりの発言が漏れる。
それもそのはず、原因が機体の欠陥にしろ空港にしろ、責任は米国の肩にのしかかってくるからだ」
と、米国が韓国に責任を押し付けようとしている、と主張する有様だ。
J-CASTニュース

・777飛行時間40時間ちょいの副操縦士が機長に助言を求める言動あり(ボイスレコーダーより)

・初教官役となる機長は助言せず副操縦士に任せる

・管制から事故機の着陸態勢が正常でないことを知らせる通信

・やっと気づいて慌てる(ボイスレコーダーより)

・着陸やり直そうとするがもはや間に合わず尻餅 → 墜落
・管制からレスキュー隊を向かわせたと通信。コックピット内火病で意味不明

・なんと墜落後乗客を放置プレーだったことが発覚

・機内で火災発生。CA大混乱。機内で脱出用シューターが展開するなど阿鼻叫喚の地獄絵図

・乗客らが自ら別の脱出用シューター展開。CAを無視して荷物を持ったまま脱出

・乗客の誘導がまともに出来ずに緊急車両に引かれて乗客の一人が死亡

・クルーが乗客の安否確認を全くできず一時行方不明40人前後の発表。戦慄が走る

・乗客の脱出に最後まで尽力したというCAがどや顔で会見←アメリカ側不快感

・実は機内には取り残された乗客多数。彼らを助けたのは空港のレスキュー隊であったことが判明

・最後に機体内の乗客の安否確認をしたのはクルーでなく空港勤務の警察官であったことも判明


そして、中国の新華社通信は12日、前日の11日午後12時10分に上海浦東国際空港から韓国の仁川国際空港に向かう予定だったアシアナ航空機が、 燃料漏れにより乗客が避難する騒動があったと伝えた。

 10日午後1時15分頃、仙台空港で、
韓国・仁川インチョン行きのアシアナ航空151便(エアバスA321―200型機、乗員乗客79人)が
B滑走路に向かって誘導路を走行中、機長がブレーキに違和感を感じたため停止した。

 同機は誘導路から駐機場まで牽引けんいん車に引かれて移動。
同滑走路は約20分間、閉鎖された。
国土交通省によると、この影響で計7便に最大25分の遅れが出た。
同機は点検の結果、不具合が見つからず、再運航した。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130710-OYT1T01283.htm

韓国がアメリカに異例の書簡 「アシアナ機事故の調査を公開するな」  (笑)
アシアナ機事故 韓国が米に異例の書簡
7月14日 16時14分
アメリカ・サンフランシスコの空港で韓国の旅客機が着陸に失敗した事故で、韓国の事故調査委員会は、アメリカ側に対して調査した内容を一方的に公開しないよう求める異例の書簡を送り、操縦ミスとの 印象を与えるという国内の不満を反映した対応とみられています。

機長たちの言い訳が、色々変わるから・・・(´,_ゝ`)プッ

米交通安全局は調査の結果、サンフランシスコ空港への着陸失敗で死傷者を出した韓国アシアナ航空ボーイング777型機のパイロットが、着陸時、地上からのレーザー光線で目が見えなくなっていたことを突き止めた。10日、同局広報が伝えた。

また調査の結果、乗客の避難が十分に素早く行われていなかった、という点も明らかになった。機体の停止から90秒以内に避難がなされねばならないのに、乗客が機長にエンジン部の火災を報告したあと、やっと避難が開始された。「どういう指針で行動していたのか理解する必要がある」と同局デボラ・ハースマン長官。


あの状況で、レー○ー光線をコクピットのパイロットに照射  どこから狙うのか??

Σ( ゜Д゜)ハッ! ゴルゴ・・・ゴルゴに違いない。

乗客が機長にエンジン部の火災を報告したあと、やっと避難が開始された。

ここ大事 ( ゚д゚)ポカーン 

韓国 「フライトレコーダやボイスレコーダ、そんないい加減なもんで操縦士のミスと断定はできない」 (笑)

アシアナ航空機事故を調査している米国運輸安全委員会(NTSB)が、操縦士の証言とフライトレコーダーの食い違いを指摘し、操縦士のウソを疑い執拗な調査をしているとして、韓国メディアが不満をあらわにしている。12日付で華西都市報が伝えた。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは11日、事故調査の専門家の話として、事故の謎を解くことで、 フライトレコーダーと操縦士の証言との間に存在する食い違いを説明できるかもしれない、と報道。暗に操縦士がウソをついている可能性を指摘した。

NTSBは調査の過程で3つの疑問点を指摘している。
(1)操縦士が失速してから30秒以上も何もしなかったのはなぜなのか
(2)操縦士たちは事故当時、何を見て、どんな措置をとったのか
(3)フライトレコーダーと操縦士の証言に食い違いがあるのはなぜか―。

NTSBのハースマン委員長は10日、機長と他の操縦士2人のコックピット内での様子や会話を調査していると報告した。
同委員長によると、操縦士たちは着陸に失敗してから 90秒後にようやく、飛行機のドアを開け、脱出用のシューターを出すよう命じることを決定。
だが、機体の損傷程度や一部乗客が重傷を負っていたこと、その後に炎上したことを鑑み、このような決定は調査を受ける必要があるかもしれない、と指摘している。

これに対し、操縦士の1人が正常に作動していなかった。操縦士のミスではない」としたほか、 「危険な低空飛行に対し、自分は最初から警告を発していた」と証言したが、
フライトレコーダーによると、警告を発したのは別の操縦士だったことが判明しているという。

このような操縦士を疑うような動きに、韓国国内からは強い反発が起こっている。
韓国国土交通部は9日、「NTSBの発表は単にフライトレコーダーとボイスレコーダーの分析結果に基づいたもの。
いい加減に操縦士のミスだと決めつけることはできない」と表明。

韓国紙・国民日報も、
「NTSBが安易に調査状況を公表したことは軽率だ」と指摘。
「米メディアは調査結果が出ていないにもかかわらず、操縦ミスが原因であるかのような報道を繰り返している」と批判している。
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/353445/

・墜落直後早々に韓国クルーの対応をねつ造し美談にしたてあげるもアメリカ側から注意される
・調査の早期の段階でパイロットの操作ミスが疑われていることに切れる
・空港→管制→機体と次々に根拠のない言い訳するもことごとく韓国側に不利な状況に
・中立である調査機関にウリも加えるニダ!といつものごとくわめき散らすも相手にされず
・調査結果を逐一報道するなと政府レベルで圧力を加える
・地元テレビで事故を揶揄する報道に電光石火のごとく反応し訴える
・韓国系の乗客を利用し調査結果を待たずボーイングその他諸々に罪を被せるべく集団訴訟←今ココ

1 有明省吾 ◆BAKA1DJoEI @有明省吾ρ ★ 2013/07/25(木) 11:11:58.59 ID:???0 BE:509275272-PLT(12069)
★【新・悪韓論】アシアナ機事故に見る韓国人の国民性 真実の究明より“工作”とは…

韓国のアシアナ航空機が米サンフランシスコ空港で着陸に失敗した事故から、ほぼ3週間。韓国が見せる対応戦術は、その国民性を学ぶ上で格好の材料だ。

韓国には「交渉学」の講座を持つ大学がある。「交渉学」とはゲームの理論や心理学を応用して1970年代に米国で起こった学問だという。

延世大学の交渉学教授を経て、コンサルティング会社を経営する人物が、
朝鮮日報(2013年7月15日)に「NTSB(米運輸安全委員会)の“操縦士過失”論にやられないための5つの啓明」という文章を寄稿していた。
なぜか、日本語サイトにはアップされなかったが、その骨格を紹介しよう。

(1)最初のイメージが大切だから、NTSBの発表に対抗して、積極的な反論を、マスコミを通じて展開しろ。

(2)米国民がボーイング社の欠陥機の犠牲になることもあると広報し、米国民にボーイングを「共通の敵」と認識させろ。

(3)友好的な機関や団体と連合戦線を形成しろ。国際民間航空操縦士協会は大きな力になる。

(4)政府は外交チャンネルを通じて対米抗議のレベルを高めろ。

(5)次期戦闘機を売り込みたいボーイング社に対しては、韓国の反米感情を高めると損をするぞと圧力をかけろ。

お見事、「事故原因の究明を」といった視点はどこにもない。「韓国人パイロットの操縦ミス」という結論を阻止するため、政府とマスコミ、
航空機会社は挙げて対米世論工作を全力で推進しよう-というのだ。(>>2-3へ続く)

zakzak 2013.07.25
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130725/frn1307250733000-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130725/frn1307250733000-n2.htm

http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/13747183...
2 有明省吾ρ ★ 2013/07/25(木) 11:12:13.17 ID:???0 BE:1018550674-PLT(12069)
>>1(の続き)

実際のところ、韓国政府とマスコミ、アシアナ航空の対応は、この寄稿の前から、おおむね寄稿文の趣旨どおりに動いてきている。

もはや「真実は何か」は、韓国人の公的関心事ではないのだ。

「韓国人パイロットの操縦ミス」だったことが正しいと頭の隅で考えている人も、外に向かうや「ボーイングの機体システムの欠陥や、
米国人による管制ミスを隠すため、韓国人パイロットが生贄(いけにえ)にされようとしている」と表明する。それが韓国では「正しく愛国的な言動」なのだ。

韓国人の脳裏には、「韓国人は常に被害者」という“刷り込み”が幼稚園時代からなされている。だから、被害者ファンタジーは自然に思い浮かぶのだろう。

慰安婦問題も同じ構図だ。「本当は戦時の売春婦だったのでは」という「真実は何なのか」の議論には、お得意「妄言だ」対応のみ。
その一方で「実は性奴隷だった」「連行された20万人の6割以上は惨殺された」と、次々にデマを拡大して世界に広めている。

まあ、そのうち「神の懲罰」が下されるだろうが…。(終)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とうとう,UFOのせいにするのか??:

« お父さん誕生日ケーキ スティック | トップページ | 広島イラストケーキ  ハリケーンドラゴン れん君誕生日ケーキ »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

広島ブログ

最近のトラックバック