リンク

  • 広島ブログ

カテゴリー

ツイッター

無料ブログはココログ

ツイ生

« 2012年7月13日 (金) | トップページ | 2012年7月15日 (日) »

2012年7月14日 (土)

Bまいべいべーヽ(*´∀`)ノ

先生に頑張ってほしい・・ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

 12日夜、「預ける側としては、心配で預けられない」などと、学校への不信感をあらわにする保護者。

 滋賀・大津市の中学校で12日夜、緊急説明会が開かれた。集まったのは、およそ700人の保護者たち。

 校長は「(学校としては)最大限の取り組みをしてきたというふうに思っております」と述べた

 しかし、保護者は「(生徒たちは)事実を明らかにしなければという思いで、(アンケートを)書いたと思うんです。その思いを先生方がどこまでくみ上げて、真剣に対応したのか、全然伝わってこない」と語った。
 保護者からの批判は、男子生徒が自殺した後の学校側の対応に集中した。
 しかし、学校側の説明に不満があるとして、途中で退席したという保護者の姿もあった。

 途中退席した保護者は「聞いていても堂々巡り。思ったような答えが返ってこない。どういうことが起きて、これからどうするのかとか。結局、堂々巡りで的を射ていない。(保護者に対して謝罪は?)
 謝罪されていたと思うけど、伝わらなかった、何1つ

「空気が読めていない。学校教育はこんなもんかと、民間から見たら、そう思いますよね。もう少し、誠意を持った態度でいかないと、日本中の人は許してくれませんよと。わたしが申し上げたのは、『あなたがたは滋賀県の恥です』とはっきり言いました」、「いろいろ、報道とかで聞いている話と、学校側が本当に持っている真実というのをもうちょっと突っ込んだ形で聞けるかなと思ったけど、なんか、個人情報とか、いろんなことを言われましたけどね。確実に、われわれの心に響く返事はもらえなかった。ちょっと残念な説明かだった」などと語った。

 学校側の対応に対する不安と不満。

 さらに、別の保護者は、「質疑応答に入りますとなった時に、一番前のお父さんが手を挙げて、『1人の方が亡くなっているのに、黙とうがなんでないんや』って言って、拍手が起こった。
 (学校側の)誰が言ったかわからないけど、『黙とう』って。(保護者からは)『立ってやろ!』と(声があがった)」と語った。

 この説明会には、自殺した男子生徒の父親も出席した。

 男子生徒の父親の様子について、説明会に出席した保護者は「黙とうの後に手を挙げて、『黙とうしていただいて、ありがとうございました』から入った。『被害者の何々です』と。
 『今後もご迷惑をおかけすると思いますが、何とぞよろしくお願いします』しか言わなかった」、「もう泣きそうだった。自分だったら、子が亡くなったら、そこまで、お父さんのように絶対できないと思った」などと語った。

 保護者から批判が相次いだことを受け、学校側は今後、希望する保護者には、アンケート結果の閲覧を認めることを表明した。

 大津市教育委員会の澤村憲次教育長は、保護者説明会に出席後、取材に応じ、「全体を通してわたしが感じたのは、自分の行っている中学校に、誇りの持てる教育を期待すると。そのために先生に頑張ってほしい。要約すると、こういうことかな」と、保護者からの意見だとして、全体を総括した。

校長は「(学校としては)最大限の取り組みをしてきたというふうに思っております。
と、言ってますが・・・・アンケートは、
 沢村憲次 市教育長は 「A4の資料で3~4枚あったのをスーと順を追って見た程度だった。新しい事実は発見できませんと
 いう報告だったので、うちとしてはその通りと受け止めた。全部見れば見れたはずだったが、
 私は確認しておりません。見落としていました」
ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

« 2012年7月13日 (金) | トップページ | 2012年7月15日 (日) »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

広島ブログ

最近のトラックバック